ユーグレナ産の燃料

飛行機や自動車の燃料をユーグレナから生み出そうとする研究が、盛んに進んでいます。
現在では、一般に健康食品が普及し始めたユーグレナ。
非常に優れた栄養成分をたっぷり詰め込んでいることが注目されていますが、この生物のパワーは食品としての利用にとどまりません。
すでに、国内の大手自動車メーカーでは、ユーグレナから次世代のバイオ燃料を開発しようと共同研究をスタートしています。


企業内で循環しているシャトルバスには、早くも実験的にユーグレナを用いたバイオ燃料が使われていると報告されています。
メリットとして考えられるのは、循環型の燃料であること、環境にやさしいことです。
まだ一般に普及するほどの価格や生産性が見込めないものの、将来的には十分に実用化できると期待されています。


特に注目すべきは、航空機の燃料をミドリムシから作れそうだという可能性です。
オゾン層の破壊が叫ばれている中、航空機から排出される二酸化炭素は今後一層規制される懸念があります。
現在では灯油が使われていますが、そもそもジェット燃料には軽量であればあるほどメリットが多いのです。
石油から作り出した燃料では、地球の資産を食い潰すばかりか、せっかく固まっていた二酸化炭素を大気中に撒き散らすことになります。
その点、ユーグレナなら二酸化酸素を吸収して育ち、燃料になってくれるため、二酸化炭素量が増える心配がなくなります。


ここでは、ユーグレナから作る燃料の可能性についてお話しましょう。


■管理人特選サイト
石垣産のミドリムシを使用した商品を販売しているサイトです → 石垣産ミドリムシ